忍者ブログ
おめだじの知らねごどいっぺ書いである。白熊、ネコ…etcがリトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」やってんだ。全部標準語だ。いがべ!
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日6月20日はリトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」の創立記念日。



ちょうど4周年だよ。

ぼくらはヨゼフパパに対して、下記のような奉献をしたよ。今日4周年目にあたって、下記の奉献を更新するよ!

-------------

 私はヨゼフパパに身を捧げます。たった今から、私を支配するのは悪魔ではなく、ヨゼフパパです。どうか私を支配してください。

 ヨゼフパパは私の全てを守り、配慮する責任を負ってください。私は超最低最悪と最低最悪の霊魂を、ご自分のいと清きみ心に入れて、天国に裏口入学させるという、ヨゼフパパの使命を、ヨゼフパパに成就させてあげる責任を負います。

2014年6月20日
コルベ・マリー・ジョン阿部哲朗

2014年6月20日 ヨゼフパパ代理 ジャン・マリー神父
PR
リトル・マグダレーナに与えられた天からのメッセージ

リトル・マグダレーナに与えられた天からのメッセージ
2018年6月15日PM4:30

マリアママ「14万4千人のシナリオが新しく変更された日は2018年6月15日。ジャン・マリーを愛し、信じ、ジャン・マリーに従うことが条件です。」


 特にジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネを受け入れることができるかが この時代の「ふるい」になる。

 神ちゃまはリトル・ノアであるジャン・マリー神父を通して 人類のやりなおし教会のやりなおしをすることに決められた。14万4千人のシナリオもジャン・マリー神父を愛し、信じ、ジャン・マリー神父に従うことが条件になる。

 名古屋と秋田のペトロの箱舟の乗組員たちが そのかわきりになる。

 ジャン・マリー神父の羊たちは、罪によごれくさった最低最悪の霊魂たち、セックスワーカーたちであり、品行方正な既存のクリスチャンたちではない。

 神ちゃまは聖シャーベル修道会も、既存のカトリック教会、プロテスタント教会も使わないとおっしゃっている。神ちゃまは罪によごれくさった最低最悪の霊魂たち、セックスワーカーたちの中から ジャン・マリー神父を愛し、信じ、命をかけてついてくる羊たちをもちいるとおっしゃっている。

 ジャン・マリー神父のとりつぎにより、来年の5月1日から153年間、ヨゼフパパのごほうびの時間が与えられた。

 ジャン・マリー神父を愛し、信じ、従っていくものは、14万4千人に選ばれ、外自然(プリターナチュラル)のたまものを与えられて、反キリスト ロード・マイトレーヤの陣営と戦っていくことになる。
マリアママのご出現 リトル・マグダレーナを通して

2018年6月16日(土)AM7:50


マリアママ「愛するジャン・マリーについてくる人たちは、リトル・ぺブルの光の戦士として働きます。愛する我が息子は、命がけでついてくる14万4千人をひきいて、リトル・ぺブルが勝利するための準備をします。

 愛する我が息子に信頼して信じて、愛してくるまっすぐな霊魂たちは、愛する我が息子が、全てをリトル・ぺブルのためにささげているのを見て、ジャン・マリーの為に死のうと思います、といって、勇かんに戦うでしょう。

 セックスワーカーとか、こじき、売春婦たちも、愛する我が息子の福音に接します。それで彼らもついていきます。本当のことを言っているのは誰なのか、いつわりを言っているのは誰なのか、彼らは見抜きます。

 リトル・ぺブルは今のところ、残念ながら、愛する我が息子をうけいれられないため、奇跡が起こっても信じないので、愛する我が息子のおこしたヨゼフパパファンクラブに対して、悪魔のしていることだと断定してしまいます。そのことばは、預言者として、決定的なことばなので、リトル・ぺブルだけにたよろうとする人たちは、それを信じます。

 愛する我が息子を信頼して、愛して、信じて従う人たちは、どうようしますが、愛する我が息子が力づけるので、前よりもいっそう固く愛して、信じて、従います。リトル・ぺブルのことは、愛する我が息子をうけいれる時までは、変容は起こりません。むしろ、彼が愛する我が息子に対して、土下座して、あやまって、心からの痛かいをもってわびた時、ことが変わります。

 愛する子どもたち、リトル・ぺブルは、慎重な人なので、激しいことをしたり、激しい意見をいったりする人を、警戒の目で見てきました。愛する我が息子は、英語ができなかったため、自分を弁明することはできませんでした。

 リトル・ぺブルは、ざんげんを信じてしまいました。愛する我が息子に、罰に罰を加えて、今もその罰をといていません。愛する我が息子は、課せられる罰の重みで、今でも苦しんでいます。天が、愛する我が息子の味方になります。どんどん、天の援軍をおくっています。

 愛する子どもたち、命がけで福音を伝える我が息子に信頼して愛して、我が息子に従って下さい。聖母は、全滅しかかった聖母の軍団を、又、起こそうとしています。14万4千人をかわきりに、聖母の軍団が起こされていきます。

 愛する我が息子が「多分身存在と奇跡のセックス」という手段を用いて、一人一人の霊魂に直接、語るので、今までとはちがいます。男の人たちは、多分身存在だけで、我が息子の望みをくみとっていきます。

 今まで、品行方正の人たちが、神の戦士としてえらばれ、生きた聖人もでました。でも、彼らは全滅してしまいました。愛する我が息子の福音のことばを聞いて、ハートのある人たちが、ついていきます。子どもたちを祝福します。どうか、愛する我が息子に、耳をかたむけて下さい。司祭の祝福を、これを読む全ての子らと、予定されている14万4千人の人たちにおねがいします。(祝福)
リトル・マグダレーナに与えられた天からのメッセージ


2018年6月11日(月)AM10:00

マリアママ「まず、インスピレーションを話して下さい。」

ジャン・マリー「コルベ・マリー・ジョンは、使徒パウロ役のリトル・パウロ、フランソワ・マリーは使徒バルナバ役のリトル・バルナバ。」

マリアママ「愛するコルベ・マリー・ジョンとフランソワ・マリーのことで、聖母がおはなしします。リトル・パウロ役のコルベ・マリー・ジョンは、本当に異邦人のために働く使徒になります。パウロがローマを中心に宣教活動をしました。コルベ・マリー・ジョンは、遠くへ行くということではなくて、ここ、清水小屋中心に働きます。エリヤの精神をもつコルベ・マリー・ジョンですが、幻視によって、多くのことが与えられていきます。

 リトル・バルナバ役のフランソワ・マリーも、名古屋を中心として、特に子供たちを面倒みます。「バルナバ」という意味は、「なぐさめの子」です。フランソワ・マリーは、子どもや老人から好かれ、女の人にたよられる司祭になります。使徒ですから、たくさんの啓示もうけます。

 愛する我が息子が、非常に苦しんだのは、使徒という役がらが、非常に重い使命をともなっているからで、使徒は殉教しないというのが今までのシナリオでした。しかし、三人の使徒たちが殉教します。そして三日後によみがえります。そういうわけで、使徒としての働きが、どういうものかを、三人は聞いて、愛する我が息子から学んでいって下さい。

 フランソワ・マリーは、本当に忠実に神秘的なお仕事をしてくれています。フランソワ・マリーにしかできないことを、天が用意しています。コルベ・マリー・ジョンの使徒パウロとしての役わりは、ネット上での戦いと、それにともなって文章をたくさん書きます。使徒パウロがたくさんの手紙を書いたようにです。

 これで大まかに説明はしましたが、三人の使徒が、愛する我が息子についていきます。どうか、今日というこの日を忘れないで下さい。今日は、バルナバの祝日です。本当につくしたバルナバのことを、みんなで語りあって下さい。祝福します。司祭の祝福を、使徒リトル・パウロ=コルベ・マリー・ジョンと、使徒リトル・バルナバ=フランソワ・マリーにおねがいします。」(祝福)
リトル・マグダレーナに与えられた天からのメッセージ

リトル・マグダレーナに与えられた天からのメッセージ
2018年5月29日(火)AM7:59

マリアママ「ラフマニノフは天国にいますよ。ブラームスが天国。シューベルトも天国。ヘンデルが煉獄。ハイドンも天国。ヴィヴァルディは煉獄。煉獄の人は祈ってあげて下さい。長いこといますので。だれも祈ってません。ドヴォルザークは天国。スメタナも天国。絵かきさんのことは、リトル・マグダレーナは知らないので。音楽家のことは知っているし、おぼえてほしくて、祈ってもらいたくて、それでいいました。」

ジャン・マリー「これは、マリアママ、秘密?」

マリアママ「公開していいですよ。批判をうけるかもしれませんけど、それは問題ありません。」

マリアママ「他に、天国はベートーヴェン。ショパン。リスト。煉獄は、ヨハン・セバスチャン・バッハ。ロベルト・シューマン。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトです。」

2018年5月30日
マリアママ「チャイコフスキーは天国にいます」
◆ お勧め図書など…◆

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
こるべまりい
性別:
男性
職業:
リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」
自己紹介:
リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」でござる。マリア様の愛と、リトル・ペブルさんのことをみんなに伝えるために、土日休み(?)で日夜奮闘していま~す!
バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析