忍者ブログ
おめだじの知らねごどいっぺ書いである。白熊、ネコ…etcがリトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」やってんだ。全部標準語だ。いがべ!
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

006マリア様のバラ

 マリア様もイエズス様も、幻視者を通じてのメッセージで、一人一人の霊魂に語りかけています。そしてマリア様もイエズス様も、人間の側からも語りかけてくるように願って、待っています。それは「お祈り」です。子供のように、親に対しての親しみと信頼の表現をすればよいのです。それは愛です。マリア様もイエズス様も、この愛をひたすら望んでいます。

 ですから、一日を終えて、何か心に残ったことを日記に書くように、ささいなこと、ありきたりのこと、人に言えないことを語りかけるのです。マリア様も神様も天使たちも、耳をかたむけて大喜びで聞いています。それは愛と信頼にあふれた対話になってゆきます。

 天からの返事は、言葉ではなく、霊魂に直接かえってきます。はげます力、なぐさめる力、反省させる力、頑張りぬかせる力、何をすべきかを知る照らし、自分の状態を知る照らし、そしてマリア様の愛、神様の愛をもっと知る恵み、……何とたくさんの返事を返して下さることでしょう。はじめはわからなくても、信じて続けて下さい。

 救われるためには、お祈りは必要でしょうか? はい。とても必要なのです。それは愛だからです。天国にいくのは、神様を愛する人だけなのですから。

 罪にそまっている人にとって、とても大切な祈りがあります。「神様、私は罪を犯して、あなたを悲しませたことが悲しいです」「この世で時間があるかぎり、つぐのい(償い)たいと思っています」「私の罪をゆるしてください」

 救いは、罪のゆるしによるのです。「ゆるしてほしい」と言わなければ、ゆるされません。神様を罪によって苦しめたことを悲しみ、あやまらなければ、ゆるされません。罪ほろぼしをする気がないのなら、ゆるされません。神様だけが罪をゆるすことができ、しかも、人が永遠に地獄に行くことのないように、罪をゆるしたくてしかたがないのです。それでも人は、自由な存在としてつくられました。自分の罪をみとめたくない、あやまりたくない、つぐのいたくない、ゆるしを願いたくないなら、神様はその人の意志を尊重されます。そうやって90%の人は、自分の意志で地獄に行っているのです。何と悲しいことでしょう。そして人間は、何とごうまんなのでしょう。

 このごうまんを減らしていき、ついにけんそんを身につけるにはどうしたらよいのでしょうか? よい方法はあるのでしょうか? 

 はい、あります。赤ちゃんの時、ごうまんでしたか? 幼児の時、ごうまんでしたか? マリア様を母として受け入れて、もう一度幼児に戻るのです。自分の霊魂を、弱く、何もできない、何も知らない、すぐころび、すぐ泣いてしまう霊魂、母によりすがらないと生きていけないものとして考え、そのようにマリア様に対してふるまうのです。どうぞ、やってみてください。

 マリア様に対して、このようにふるまう人に、もっともマリア様は母らしく助けることができるのです。一日中、何につけても子供のように、幼児のようにマリア様に話しかけ、助けを願って下さい。

 つらい時、苦しい時には、マリア様の胸でなぐさめを得て下さい。マリア様の母としてのすべては、そうする人のものなのです。その口づけ、まなざし、愛撫、腕、ひざ、母乳も、語りかけも。こうしてマリア様に育てられ、いつしか、ごうまんな人間から、けんそんな人間に、マリア様の胎によって、生まれ変わらされて行くのです。


http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html





PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事のトラックバックURL:
◆ お勧め図書など…◆

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
こるべまりい
性別:
男性
職業:
リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」
自己紹介:
リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」でござる。マリア様の愛と、リトル・ペブルさんのことをみんなに伝えるために、土日休み(?)で日夜奮闘していま~す!
バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析