忍者ブログ
おめだじの知らねごどいっぺ書いである。白熊、ネコ…etcがリトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」やってんだ。全部標準語だ。いがべ!
005マリア様のバラ

 完全に謙遜(けんそん)の徳を実践した、完全に謙遜な人はマリア様です。謙遜な人を神様は祝福します。傲慢(ごうまん)な人は祝福を受けません。天国に、傲慢な人は入ることができません。

 たとえば、人を軽べつしているとします。その人は傲慢です。同じように神を軽べつしているとします。その人も傲慢です。超能力を身につけようとする人は、神に対する傲慢の罪にそまっています。人間が、神に等しいものになろうとしているのと同じだからです。こういう人に、人間をこえた力をさずけるのは悪魔たちです。宇宙において、自然の法則を超越して働く力は、神様御自身からのもの以外は、すべて悪魔からのものなのです。

 とても多くの人が、この罪にそまっていることを知って下さい。超能力、オカルト、うらない、手相、コックリさん、手かざし、くちよせ、これらは今、大はやりです。でも人間が通常できること、わかることをこえて、何かするとき、知るとき、そこには悪魔が働いていて、霊魂を悪魔に、そのかわりに与えるという取引が行われています。おもしろ半分ではすまない、おそろしい現実なのです。この世で、願望を悪魔にかなえてもらって、死後は永遠に悪魔に拷問されるとは。

 もしマリア様を愛し、信頼し、望みをかけて、自分の罪と英雄的に戦い続けるならば、不思議なことをやはり体験するかもしれません。でもそれはマリア様の取次によるものです。本人は、ますます自分のみじめさに気づき、謙遜になり、信仰を深めます。そして、ますます自発的に苦しみを受け入れて、神様にささげるようになり、マリア様と神様に感謝をささげるようになります。こういう結果にならないならば、体験した不思議は、神様によるものではありません。神様や天使や聖人に化けた、悪魔によるものです。

 超能力や、オカルトや、UFOや、あらゆる占いから、どうか離れて下さい。それは罪であり、神を軽べつし、悪魔に霊魂を与えることなのです。これらにかかわってしまった人が、悪魔の手から逃れることはむずかしいのです。心にその魅力を感じている間は、悪魔との契約はまだ続きます。ですから、救われたいのなら、これらを霊魂のすべてをあげて拒否し、きらい、にくまなければなりません。

 マリア様に「悪魔のくさりをたちきってください。あなたにすがります」と話してください。これは、本人とマリア様の力をあわせた、悪魔との戦いです。最後まで、マリア様とこの戦いをあきらめずに信頼しつつ戦うのです。そうすればイエズス様は、必ず救ってくださいます。


http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html




PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事のトラックバックURL:
◆ お勧め図書など…◆

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
こるべまりい
性別:
男性
職業:
リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」
自己紹介:
リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」でござる。マリア様の愛と、リトル・ペブルさんのことをみんなに伝えるために、土日休み(?)で日夜奮闘していま~す!
バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析