忍者ブログ
おめだじの知らねごどいっぺ書いである。白熊、ネコ…etcがリトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」やってんだ。全部標準語だ。いがべ!
「つぐないのSEX」イエズス、マリア、ヨゼフからの命令

2007年4月2日 PM6:05
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて

(償いのSEXが終わった後、他の人たちは「パッション」をみていた)

聖母マリア様:
 パッションを作ったメル・ギブソン監督の映画のように、今愛する息子の心は砕かれようとしています。リトル・ペブルが真っ先に知りました。イエズスの役をになった司祭が、愛する息子ジャン・マリー司祭です。しかし、イエズスを宗教家たちが断罪したように、「彼は司祭では無いので気をつけるように」と教会からの一つの文章が出されます。同宿たち皆は、一つの群れになり、リトル・ペブルのもとに集められます。引き続きパッションを見てください。イエズスの全てがわかります。

 愛する息子の身に起こることで、もうそれぞれに反応が起きています。マグダラのマリアにならい、この人こそ私の命を救った人だと愛するマリー・マドレーヌは知り、そしてそれを、身をさらし、多くの人の中で笑いものになりながらもついていきます。それは、彼女が強いからではなくて、ただ支えられてのことです。ひと突きで、悪魔は倒そうと、いつも誰もが狙われていることを、おぼえてください。生命の危険にあうようなことです。

 これほどまでにイエズスを愛し、リトル・ペブルを愛しぬく司祭(ジャン・マリー神父)の方法は、人には理解しがたいことばかりで、今まで多くの人が彼を軽蔑し離れました。マリー・マドレーヌは実に裸になるのをさけて聖なることを求めたくて、心にいろいろと願っていました。でも自分に情緒の傷があって、修道会ではやれないと知らされ、激しく苦しみもだえていました。実際に性的なことを経験しているマリー・レベッカをたてることで、自分の処女をまもり、そしてアン役として死ぬことを承諾していました。でも、償いが始まり、彼女はイエズスの受難に深入りを始めました。心にイエズスを受け入れなければ何も出来ないと知ったからです。自分の苦しみはイエズスに到底及ばないけれども、でも女性の中で一番下になりました。彼女は愛する息子がいないともうだめです。子どもたち、一人ひとりに用意された道を歩き、雄々しく、強くあってください。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html





PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
◆ お勧め図書など…◆

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
こるべまりい
性別:
男性
職業:
リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」
自己紹介:
リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」でござる。マリア様の愛と、リトル・ペブルさんのことをみんなに伝えるために、土日休み(?)で日夜奮闘していま~す!
バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析